品質管理業務のレベルアップ

品質管理業務のレベルアップ

課題

販売実績は順調に伸長するも、それに伴う品質管理業務が追い着かない状況。特に、品質クレーム対応、宣伝広告表現の薬事チェックや、行政当局の査察対応について社内的な知見が乏しく、この方面での業務を的確かつ円滑に推進できる体制を早期に整える必要がある。

概要

クライアント: 化粧品ブランドホルダーC社
業種: 化粧品の企画・製造販売

活動内容

利用プラン: パートナープランA(15か月)

  • 2名の化粧品法規性エキスパートによる訪問指導とアドバイスを提供。
  • 化粧品の法規制に関する基本事項のレクチャーや広告宣伝表現の推敲及び代替案の提示。
  • クレーム発生時の対応および行政当局の定期査察に向けた準備、当日の立ち合いとその後のフォローアップ。

成功のポイント

ニーズに沿って、専門領域の異なる複数のエキスパートによる支援体制をひいてもらえたので、知見やノウハウを的確にかつ効率よく習得することができた。
今後も知財関連など専門性を要する領域で、新たにコンサルティングをお願いしたいと考えている。

Scroll Up